利用目的別の借入の可否

利用目的別の借入の可否

車やバイクなどを購入する目的でも、学生ローンを利用することはできます。ただし、学生ローン業者は、原則として50万円を超える融資は行っていません。また貸金業法の規制により、年収の3分の1までしか借り入れをすることができないようになっています。ですから、そもそも年収150万円を超えていなければ、50万円より多くのお金を借りることもできないのです。何かを購入する目的でも基本的に審査は通る基本的に「何かを...

ギャンブルをするために学生ローンを借り入れたいという場合、審査に落ちてしまいます。申し込み・審査の際に、利用目的がギャンブルだと伝えると、その時点で審査に一発で落ちてしまいます。なお、借入目的を偽ってお金を借りる学生も多いのですが、適切な利用方法とは言えません。どうしてギャンブル目的の融資は認められない?パチンコ・スロットなどの資金源として学生ローンを借りる場合、その目的を伝えた時点で100%審査...

ギターやピアノなどの楽器を購入する目的でも、学生ローンを利用することができます。ただ、学生ローン専門業者は、基本的に50万円を融資限度額に設定しています。この範囲内でなら問題なく借入れることができます。基本的に楽器は、よほど高級なものでない限り数十万円になることはないので、その点では融資は受けやすいと言えるでしょう。ただし、バイトなどで安定した収入がなければ、申込することができないので注意をしまし...

美容手術などを目的としている場合でも、学生ローンは利用可能です。ただし、原則的に50万円を超える融資は行われていないので、注意が必要でしょう。歯科矯正・整形ですと、費用が50万円を超えるケースも珍しくはありません。資金の一部としてしか利用できない可能性が高いということです。また、貸金業法の規制もあるので、年収が150万円なければ50万円を借りることもできません。50万円を超える融資を受けるためには...

自動車学校の費用ねん出のためであっても、学生ローンを利用することは可能です。多くの学生が、教習所に通うために学生ローンを活用しています。ただし、教習費用は平均30万円ほどかかるので、全額の融資を希望する場合には、最低でも90万円以上の年収がなければなりません。法律によって、融資額の3倍以上の年収がなければならないと定められているからです。自動車免許取得のために学生ローンを活用しよう自動車教習所の費...

学費が足りないというときにこそ、学生ローンを活用したいものです。学生をサポートするためのサービスですから、もちろん学費が目的であっても、利用することができます。学生ローン専門業者の場合、学費目的の融資は、通常よりも利率を安くしてくれることが多いようです。ただし、割引利率で借入れるためには、学費の請求書等が必要になってきます。学生ローンで退学を免れよう学費が払えそうにないときには、学生ローンを上手に...

パソコン購入するという目的であっても、学生ローンを利用することができます。ただ、購入するパソコンの全額を融資でまかないたいという場合には、その料金の3倍以上稼いでいなければなりません。貸金業法という法律によって、制限が加えられているからです。パソコンを買いたければ学生ローンを活用しよう現在、学生にとっても不可欠のツールとなってきているパソコン。これを購入する目的の場合であっても、学生ローンを利用す...

旅行目的でも、学生ローンは利用可能です。特に卒業旅行は審査に通過しやすいと言われています。就職が決まっている場合、卒業後に正社員としての安定収入があるため、業者の側も比較的安心して貸付けることができるのです。遊行費は基本的に審査落ちしない友人との旅行や一人旅など遊行目的の場合、学生ローンを利用することができます。実際に多くの学生が、旅行の費用を学生ローンで工面・調達しています。学生ローンは、利用目...

語学留学が目的での学生ローン利用ができるかどうかは、「留学の金額・期間」によります。学生ローンは原則として50万円を超える融資は行っていません。短期留学ならともかく、長期留学の場合、50万円では足りないでしょう。毎月1回は返済しなければならないので、これが可能かどうかも問題となります。ヒアリングの結果、返済は無理だろうと判断され、審査に落ちてしまうことも十分あり得ます。長期留学なら50万円では足り...

生活費を工面する目的であっても、理由・事情によっては学生ローンを利用することができます。「普段はバイトをしていて安定収入があるけど、何か大きな買物・出費などで一時的に生活費が足りなくなった」、というケースであれば、審査に落ちることもないでしょう。慢性的に生活費不足という場合、審査通過が若干難しくなります。生活費に充てるための利用はケースバイケース「生活費が足りない」というときに頼りたくなるのが学生...

page top