教習所に通うための学生ローンの利用について

教習所に通うことが目的でも学生ローンは利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車学校の費用ねん出のためであっても、学生ローンを利用することは可能です。多くの学生が、教習所に通うために学生ローンを活用しています。ただし、教習費用は平均30万円ほどかかるので、全額の融資を希望する場合には、最低でも90万円以上の年収がなければなりません。法律によって、融資額の3倍以上の年収がなければならないと定められているからです。

自動車免許取得のために学生ローンを活用しよう


自動車教習所の費用ねん出にピッタリなのが、学生ローンです。簡単な手続きで迅速に借入れをすることができるからです。車やバイク・楽器の購入費用などでも利用できる学生ローン。もちろん、自動車学校の教習費用目的であっても利用することができます。

自動車免許は仕事でも必要となってくる資格ですから、学生のうちに取得しておきたい人も多いことでしょう。教習所に通う手間・時間なども必要になりますから、社会人になってから取得するのは避けたいものです。地方では、自動車免許がなければ就職採用してもらえない、というケースもあるようです。

しかし、平均30万円必要な教習費用は、学生にとっては非常に手痛い出費となります。そのような学生をサポートしてくれるのが、学生ローンです。業者のインターネットサイトから申し込みをすると、すぐに現金を確保することができます。親御さんにローンを組ませて負担をかけたくない、という勤勉な学生の方にもおススメです。

年収100万円近くなければ全額融資は受けられない


自動車学校通学費のために借入れをする際、気を付けておきたい点があります。学生ローンを利用する際には、年収の3分の1までしか借り入れできません(貸金業法による総量規制)。費用の全額を学生ローンでまかなおうとする場合には、かなりの稼ぎ(年収)がなければなりません。

自動車学校の費用は平均30万円、地方の合宿であっても20万円ほど必要になってきます。年間60〜90万円以上の稼ぎがなければならない、ということです。もちろん、費用の一部だけを借り入れることもできます。ある程度バイトなどで貯金を作り、残りを学生ローンで補うという方法をとっている方も多くいらっしゃいます。

学生ローンでは、収入証明書などの提出が求められていません。これを逆手にとって、自分の年収を多めに申告する人も多いようです。業者にバレることは基本的にありませんが、後々返済に苦しむことになるでしょうから、適切な利用法とは言えません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top