学費を工面するための学生ローンの利用について

学費の工面が目的でも学生ローンは利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学費が足りないというときにこそ、学生ローンを活用したいものです。学生をサポートするためのサービスですから、もちろん学費が目的であっても、利用することができます。学生ローン専門業者の場合、学費目的の融資は、通常よりも利率を安くしてくれることが多いようです。ただし、割引利率で借入れるためには、学費の請求書等が必要になってきます。

学生ローンで退学を免れよう


学費が払えそうにないときには、学生ローンを上手に活用していきましょう。学生が困っているときのための学生ローンですから、利用目的で審査に落とされてしまうことはありません。ただ、バイトなどである程度安定した収入がなければなりません。

学費が払えないという理由で、大学・専門学校などを退学してしまう学生の方は多いようです。休学という選択肢もあるでしょうが、私立大学の場合、休学するのにも費用が必要です。若い時間は、できるだけ無駄にすることなく有効に使いたいものです。

休学してしまうと、友達がいなくなってしまうことでしょう。中退してしまうと、一生就職に困るような事態になってしまいかねません。そのような最悪の事態を避けるための心強い味方となってくれるのが学生ローンです。学生であっても利用することができますし、申請すればすぐに現金を確保することができます。学生ローンのおかげで退学・休学を免れた、という方もたくさんいます。

学費目的の融資はとってもお得


学生ローン会社では、学費目的での融資の場合、通常よりも利息を安くしてくれます(割引がない業者もあります)。特別利率で借入れをするためには、学費の請求書などを申込時に提出しなければなりません。資格予備校に通ってダブルスクールをしたい、という場合にも、特別利率が適用されることがあります。申し込みの前に、業者に確認を取るようにするといいでしょう。

「学費のためと伝えた方が印象がいいだろう」、「審査に通過しやすいだろう」と思い、利用目的を偽って申告する人もいるようです。しかし、前述しましたように、学費の請求書の提出が求められてしまうので、ウソはバレてしまいます。嘘の内容を申告していたというだけで、信用がガタ落ちになってしまい、審査に落ちてしまうこともあります。

バイクなどの購入費や旅行などの遊行費目的の場合には、下手にごまかさずに正直に伝えるようにしましょう。学生ローンは、基本的に目的を問わないフリーローンですから、原則として利用目的だけでは審査落ちしません。ただ、ギャンブル目的の場合には、ほぼ100%落とされてしまうので、注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top