学生ローンの利用における注意点について

学生ローンの利用における注意点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンを利用する際には、以下の3つの点に特に注意する必要があります。

  • 金利が高い
  • 総量規制の対象となっている(年収の3分の1までに制限)
  • 返済方法が限られている(原則として銀行振り込み)

1.金利が高い


学生ローンは、銀行カードローン(銀行による小口融資)と比べると、高めの金利設定となっています。具体的には、15〜18%程度です。学生ローンの金利は、1日単位で発生しますので、決してバカにはできない負担となります。

教育ローンや有利子奨学金と比べても、かなり高めの設定である、ということは知っておくようにしましょう。意外かもしれませんが、学生ローンの金利は大手消費者金融の一般向けキャッシングとほとんど変わりません。

学生ローン専門業者はあまり大きな業者ではありませんが、大手とほとんど変わらない利率設定なのです。学費目的で融資を受ける場合には、若干低い利率(15%程度)で借入れをすることができる業者もあります。

2.年収の3分の1までしか借りられない


2010年に貸金業法という法律が改正され、新たに「総量規制」が設けられました。消費者金融などの貸金業者がお金を貸す場合には、「利用者の年収3分の1まで」という制限が加えられるようになったのです。

学生ローンも、貸金業者が行っている融資ですから、この規制の対象となります。学生であっても例外ではありません。バイトを一切していない場合には、この規制の関係で貸付けを受けることができません。

40万円を借り入れるためには、年収120万円、毎月10万円の稼ぎがなければなりません。50万円以下の貸付けの場合、年収証明の提出は義務付けられていません。好ましいことではありませんが、バイトをしている、とごまかして借入れをしている方も少なくはないようです。

3.返済方法が限られている


学生ローンの返済方法には、銀行振り込み・来店による手渡し返済・現金書留の3つの種類があります。基本となるのは銀行振り込みによる返済です。来店・現金書留による返済は、業者によっては対応していないケースもあります。

大手消費者金融とは異なり、提携ATMでの返済には対応していないので注意が必要です。学生ローン専門の業者は、東京だけに事務所をかまえている業者ばかりです。来店での返済に対応していたとしても、事務所・店舗の近くに住んでいなければ利用することができないことでしょう。地方に住んでいる方は、銀行振り込み・現金書留のいずれかを選択することになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top