学生ローンの利用は親(実家)にばれないのかについて

学生ローンの利用は親(実家)にばれない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的に、学生ローンを利用しても親にばれることはありません。申し込みに対する審査で、親・実家に連絡が行くことは原則としてありません。契約書類などの送付が必要な場合には、個人名で送ってもらうこともできます。ただし、長期間滞納が続いているのに業者からの連絡を無視し続けているような場合には、本籍地住所へ督促状が送られてしまうこともあります。

バレないように配慮をしてくれる


学生ローンを利用する学生の多くは、「親にバレずに利用したい」と思っているものです。学生ローン業者の方もそれを理解していますので、きちんとバレないような配慮をしてくれます。申し込みの際に家の住所を書くことがありますが、申し込んだだけでそちらに連絡がいくということはありません。

申し込み後、業者から折り返し確認の電話が入りますが、自分の携帯電話の番号を書いておけば親に気付かれる心配はありません。もしも何かの事情で実家に連絡をすることがあったとしても、本人に同意を取り付けた上で行われます。契約書類などを送付する場合でも、個人名などで送ってもらえますので気づかれることはありません。

バレてしまうような対応をしてしまうと、学生客が敬遠して利用者が減ってしまいます。このような事態は業者の方も避けたいと思っています。ですから、極力利用していることがバレないような対応をしてくれるのです。ご安心して利用してください。

不誠実な対応をしているとバレる


ただし、不誠実な対応をしていると親・実家に連絡がいってしまう可能性があります。無断で長期滞納をしているにも関わらず、業者が本人と連絡が取れない場合には、本籍地住所に督促状が送られてしまうこともあります。滞納をしたら即、実家に連絡が入る、というわけではありませんが、業者からの連絡を無視し続けると、連絡が入ってしまう可能性があるということです。

学生ローン専門の業者は、大手消費者金融と違い、柔軟で融通の利く対応をしてくれるのが特徴です。返済期日も、契約の際に自由な日を決めることができます。もしも返済が遅れてしまいそうな場合であっても、事前に連絡・相談をしておけば、ある程度待ってもらうこともできます。

この場合であっても、遅延損害金(遅れてしまった分に加算される罰金のようなもの)は払わなければなりません。あくまで例外的な対応ですから、「まぁ滞納してもいいか」というような態度は絶対にやめましょう。信用情報に延滞歴が入ってしまい、ブラック扱いされてしまう可能性もあります(新規借り入れが難しくなります)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top