学生ローンの限度額(上限)について

学生ローンの限度額(上限)はいくらまで?

このエントリーをはてなブックマークに追加

原則として、学生ローンの融資限度額は50万円になります。場合によっては50万円を超える融資をしてくれることもありますが、貸金業法による各種規制(年収証明の提出、年収の3分の1までしか借りられない)に注意をする必要があります。

学生ローンの融資は50万円までが原則



学生ローン専門業者では、基本的に50万円までしか貸出しをしていません。50万円を超える融資を行うと、「貸金業法」との関係で手続が面倒になってしまうからです。あまり稼ぎが多くない学生を借金漬けにしてしまうのは良くない、という配慮もあるようです。

多額の借金をしたとしても、返済が苦しくなって生活の質が下がってしまっては意味がありません。稼ぎが少ない学生でも気軽に、安全に利用することができるように、利用限度額に上限を設けているのです。

希望する分だけ借りられるわけではない


学生ローンの融資「限度」額は50万円までですが、希望した全員が50万円を借りられるわけではありません。50万円の借入れを希望したのに30万円しか枠を与えてもらえなかった、というケースも珍しくはありません。

業者の側は、「利用者がきちんと誠実に返済を続けてくれるかどうか」、ということを確認したいと思っています。ですから、いきなり多額のお金を貸すのではなく、一部を貸して返済状況を様子見することがあるのです。

また、年収の3分の1までしか貸付けできない「総量規制」という法律の制限も存在しています。年収が60万円の人に対しては、業者は20万円までしか貸付けできません。年収をごまかして申告する人もいますが、適切な方法とは言えないでしょう。年収を証明する書類の提出は求められませんから、バレはしないのですが、返済できず延滞に陥ってしまう可能性があります。

50万円を超える借入れはできない?


基本的に50万円までしか貸付けを行っていない学生ローン。しかし、一定の条件を満たせば50万を超える融資をしてもらえる場合もあります。まず、収入を証明する書類を提出しなければなりません(50万円以下の場合には提出不要)。次に年収が150万円以上なければなりません(総量規制)。そして、きちんと返していけるだけの「安定した収入」がなければなりません。

50万円を超える融資を受けるためには、上記の3つの条件を満たさなければなりません。年収が150万円を超える学生は、ほとんどいないでしょう。ほとんどの場合には、50万円以下の融資で我慢するしかないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top