学生ローンの危険性、問題点について

学生ローンの危険性、問題点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンは、銀行カードローンなどと比べますと、金利が高めに設定されています。ですから、計画的に返済をしていかないと、利息が雪だるま式に膨れ上がってしまいかねません。これは問題点の一つでしょう。

無計画な借入れをしますと、多重債務状態に陥ってしまう危険性もあります。学生ローン業者に返済をするために、闇金融や友人からお金を借りてしまう方もいるのです。学生ローンは融資金額が少ないため、自己破産まで至ることはあまりありません。が、友人との交友関係にヒビが入ってしまうことは十分あり得ます。

利息が膨れ上がってしまいかねない


学生ローンの金利設定は、銀行カードローン(銀行の小口融資サービス)と比べると高めになっています。実質年利15〜18%程度と、利息制限法のほぼ上限となっています。比較的緩い審査で借りることができる代わりに、高い利息を取られてしまう。これが学生ローンです。

「たかだか15%程度…」とバカにすることはできません。計画的に返済をしていかなければ、雪だるま式に利息が増えていってしまいかねないのです。30万円を一か月借りた場合、利息は3750円となります。月々7000円ずつ返済する場合、返済額の半分は利息返済に充てられてしまい、元本(借りている借金自体)残高がなかなか減っていきません。

学生ローンの金利は日割りで発生していきますので、長く借りれば借りるほど、支払総額は増えてしまいます。借りすぎないこと、そして、返済計画をしっかり立てて、余裕があれば多めに返済をしていくということが大切になってきます。

借金返済のためにさらなる借金をしてしまう危険性


学生ローン業者に支払う返済金が足りなくなってしまい、闇金融(違法操業をしている貸金業者)に手を出してしまう方も少なくありません。友人にお金を借りて返済に充てる方もいるようです。借金返済のために借金をするのは、「多重債務」の状態です。

学生ローンの場合には、融資上限が原則50万円までとなっていますから、自己破産にまで追い込まれることはほとんどありません。しかし、闇金の乱暴な取立てに苦しめられ人生を狂わせてしまう学生の方も、中にはいます。違法操業をしている闇金融からは、絶対にお金を借りないようにしましょう。

友達からお金を借りるのも、好ましいことではありません。「金の切れ目が縁の切れ目」。借金が原因で、友人との交友関係が悪化してしまうケースも珍しくはありません。計画的な借入れ・返済が何より大切だ、ということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top