学生ローンの遅延(滞納)について

学生ローンでお金を借りて遅延(滞納)するとどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンで借りたお金を、あらかじめ定めた返済日までに払わなければ(遅延・延滞・滞納)、遅延損害金が発生します。また、滞納歴が事故情報として残り、信用情報に傷を入れてしまいます。その結果、次回以降の借入れがしにくくなってしまいます。銀行でのローンも組みにくくなってしまいますので、注意が必要です。

返済が遅れるとペナルティを払わなければならない


決められた返済日までにお金を返さなければ、ペナルティとして「遅延損害金」を払わなければならなくなってしまいます。遅れてしまったことの罰のようなお金です。通常の利息よりも高い利率となっていますので、意外と負担になってしまいます。

日割計算で発生していくので、遅れれば遅れるほど、支払う金額が多くなってしまいます。業者に事前に伝えて返済を猶予してもらっている場合でも、通常は遅延損害金が発生します。

ちなみに、学生ローンを借りると、定められた日(返済日)に毎月1回は返済をしなければなりません。返済日は利用者の側で好きに設定できることもありますし、業者の側が指定することもあります。2か月分をまとめて返済したとしても、翌月の返済は猶予されません。

ブラックになってしまうことも


滞納を起こすと、余計なお金を払わなければならないだけではなく、信用まで落としてしまいます。滞納歴が信用情報機関というところのデータベースに登録され、「ブラック」となってしまうことがあるのです。この状態になると、学生ローンはもちろんのこと、キャッシング、銀行カードローンなども利用できなくなってしまいます。

事故情報は、借金を完済した後も5年間はデータ上に残り続けます。その間は、消費者金融・銀行などから融資を受けられなくなってしまうわけです。「学生を卒業して新車を買おうとしても、カーローンを組めない…」このような事態になってしまいかねません。

「業者側にきちんと連絡すれば猶予してもらえるし、数日遅れたくらい大丈夫だろう」などと甘い考えを持っている方もいるようです。が、猶予してもらったとしても、それは「取立てを行わないで待ってあげる」、という意味にすぎません。

遅延損害金は発生してしまいますし、信用情報に延滞歴が登録されてしまう可能性も十分あります。「数日くらい」、というような甘い考えは、大人の世界では通用しません。滞納が起きないように、適切な返済シミュレーションを立てた上で、返済能力の範囲内で借りていくことをこころがけていくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top