学生ローンと嘘の年収を申告について

学生ローンは申し込みで嘘の年収を申告してもバレない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローン申し込みでは、ウソの年数を申告してもバレません。学生ローンの場合、原則として収入証明書を提出する必要がないからです。アルバイト先への在籍確認もありません。年収3分の1までしか借入できないという総量規制があるので、年収を偽って申告する学生が多いと言われています。が、正しい利用方法とは言えません。返済能力に見合った額の借入れを心がけることが大切です。

学生ローンの仕組みと年収申告


学生ローンは、基本的に50万円以下の融資を対象としています。50万円を超える融資の場合、貸金業法によって収入証明書の提出が求められます。逆を言うと、50万円以下しか貸し付けない学生ローンでは、業者側は別に収入証明書を求めなくてもよいのです。

できるだけ気軽に利用してもらった方が業者としては好ましいので、原則として収入証明書の提出は求めていません。ですから、年収を偽ってもバレようがありません。通常のキャッシングでは実施される「勤務先への在籍確認」も実施されません。

本当に勤務しているのかどうかという確認の電話も、申告したバイト先にはかかってきません。仕組み的には、あまり稼いでいなかったとしても虚偽の申告をして、審査通過することができるのです。

年収を偽る学生が多いが正しい利用法ではない


学生ローン(消費者金融)からは、年収の3分の1までしか借り入れることができません(総量規制)。この規制を免れるために、年収をごまかして申告する学生が非常に多いようです。「バレないのだから全く問題ないだろう」、と思っている方が多いのでしょう。

しかし、このような方法は正しい利用方法ではありません。仮に年収を偽って借入れ限度額を引き上げることができたとしても、自身の返済能力が上がるわけではありません。収入は低いままなのに、借金可能額だけを増やす。これは、自殺行為にも等しいといえるかもしれません。本当にお金を稼いでいないのであれば、借金をきちんと返していくことはできないからです。

お金が返せなくなるということは、非常に深刻な事態です。返済が滞ってしまいますと、遅延損害金が発生して払わなければならないお金がますます増えていきます。さらに、延滞の記録が信用情報機関に登録され、金融機関で新規借り入れできなくなってしまします(ブラック状態)。

ブラックであるとの情報は、借金を全額返済してからも5年間消えません。学生を卒業して社会人になってからも、自動車ローンなどを組めなくなってしまう可能性があるのです。無断で返済を遅らせてしまうと、取立てなども始まりますし、催告書が実家に送付されることもあります。自身の返済能力に応じた、適正かつ計画的な利用が大切となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top