学生ローンの審査は甘い(緩い)のかについて

学生ローンの審査は甘い(緩い)?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンの審査は、プロミスやアコムなどの大手消費者金融の審査と比べると甘い(緩い)と言われています。社会人をターゲットにしている大手消費者金融のキャッシングや、銀行カードローンと比較すると、「安定収入の基準」が低いのが特徴です。また、基本的に勤務先(アルバイト先)への在籍確認も行われていません。

学生ローン以外の融資サービス利用が難しい学生


一般向けの融資サービスは、学生には利用が難しいサービスだと言われています。小口融資(少額のお金を借りること)には、大手消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなど様々なものがあります。クレジットカード(信販会社)のキャッシングサービスなども、利用者が増えてきていると言われています。

しかし、これらの小口融資は、すべて社会人を念頭に置いているサービスです。定職を持って毎日のように働いて稼いでいるのが前提となっていますので、少しバイトをしているだけの学生などは利用が難しいと言われています。

学生というだけで審査に落ちてしまうことも珍しくはありません。このような学生であっても気軽に利用できるサービスを…という理念で誕生したのが、「学生の街」高田馬場で生まれたと言われる「学生ローン」です。

学生ローン業者の審査は緩い


学生ローン最大の魅力は、審査が緩く学生でも通過することができる、ということです。社会人をターゲットにしている大手消費者金融や銀行・信販会社などと比べると、「安定収入」の基準が低いのです。大手消費者金融のキャッシングサービスの場合には、週に5日フルタイムで働いていれば、安定収入があると判断されます。

フルタイムでなくても、収入がしっかりしていれば貸し付けてもらうことができますが、学生の利用は基本的には難しいと言われています。学生ローン専門業者は、学生を基本的なターゲットとしているので、非常に緩い基準で審査をしてくれます。月に10日程度働いていて、10万円程度の収入をあげていれば、ほぼ確実に審査通過できると言われています。

単発・短期の派遣アルバイトなどでも、「安定収入」を認めてもらいさえすれば、融資を受けることができます。安定収入の基準は、一般的に公開されていません。まずは、業者のWEBサイト上の「クイック診断」や「お試し診断」などの簡易審査サービスで、借入れが可能かどうかを確かめてみるといいでしょう。

簡単な項目をフォームに入力するだけで、その場で借入れができるかを教えてくれるサービスです。尚、アルバイトへの在籍確認がなく収入証明書を提出しなくてもいいからと言って、収入をごまかして伝えるような利用は好ましくありません。自分の返済能力に見合った利用をしていくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top