低金利、無利息な学生ローンについて

低金利、無利息な学生ローンはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

低金利・無利息の学生ローンはありません。学生ローンは、どこの業者であっても高めの金利設定となっています。学生であっても簡単・迅速にお金を確保することができる魅力的なサービスですが、そのかわり金利が高めに設定されているわけです。

無利息では業者の利益があがりませんから、無利息・低金利などの宣伝文句を見かけた場合、詐欺・悪徳業者の可能性を疑うようにしましょう。なお、銀行が学生の保護者を対象に融資を行うサービスは「教育ローン」と言われており、学生ローンとは区別されています。

低金利・無利息では儲けが出ない


低金利・無利息で貸し出してくれる学生ローン業者はありません。どの金融機関も、必ず「儲け」を出すために、金利を徴収しています。タダでお金を貸していては、絶対に儲けは出ません。学生にお金を貸し出す場合、社会人に貸すよりも滞納・踏み倒しなどのリスクが上がると言われています。

最終的に損をしないために、ある程度高めの金利を設定しなければならないわけです。ですから、どこの学生ローン業者であっても高めの金利を取っています。学生であっても気軽にお金を借りることができる、その代わりに金利を高めに設定している。このような仕組みとなっているのが、学生ローンなのです。

悪徳業者に騙されないようにしよう


「低金利・無利息で貸します」との触れ込みを街中のチラシなどで見かけるかもしれません。しかし、そのような文句で宣伝をしている業者は、高確率で登録をしていない違法操業の闇金融業者です。

貸すだけ貸して、いろいろと理由をつけて暴利をむさぼるというケースも多発しています。何らかの詐欺にあってしまうリスクもあります。「学生に貸すためにはある程度高金利でなければならない」。この基本的な仕組み理解して、悪徳業者に騙されないようにしていきましょう。

「登録貸金業者情報検索サービス」で検索すると、登録している業者かどうかを確かめることができます。当サイトで紹介している学生ローン業者は、すべて正規登録をしている合法業者ですのでご安心ください。

低金利の教育ローンはまったく別のサービス


ちなみに学費に利用することができる融資サービスとして「教育ローン」というものがあります。5%を切るような超低金利で貸出しをしてくれるサービスですが、学生本人は利用することができません。しっかりとした稼ぎを持っている保護者のみを対象としているのです。学生本人をターゲットとしているのが学生ローン、保護者を対象としているのが教育ローン、と理解しておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top