複数の学生ローン業者への同時申込みについて

複数の学生ローン業者に同時に申込むのはあり?

このエントリーをはてなブックマークに追加

複数の学生ローンに同時に申し込むのは、あまりおすすめできません。学生ローン・キャッシングなどの融資申し込み情報は、信用情報機関に登録されています。短期に何社もの申し込みをすると、「申し込みブラック」という状態になり、審査に落ちやすくなってしまいます。1社ずつ順に申し込みをするようにしましょう。

申し込みブラックとは?


同時に複数の消費者金融に借入れ申し込みをすると、「申込ブラック」と呼ばれる状態になってしまい、審査に通りにくくなってしまいます。「ブラック」とは、信用情報(各人の借入れに関する各種情報)に傷が入り、新規借り入れが難しくなってしまった状態のことです。

「信用情報の傷」にもいくつかの種類があります。延滞・自己破産などが典型的な「傷」ですが、「申し込みし過ぎ」もマイナス評価(傷)の原因となってしまいます。同時に複数社申し込むと、「お金がなくて切羽詰っているのであろう」・「他の会社の審査に落ちてしまったのでは」と推測されてしまいます。

学生ローン業者は、他社審査に落ちた人などには、できるだけ貸したくないと思っています。貸したお金が返ってこなければ、それだけ損失が出てしまいますから。融資の申し込みをした際には、必ず信用情報に記録が残ります。この登録情報は、半年間保管されます。半年の間に3〜4社以上への申し込みをしていると、申込ブラックとなってしまい、借入れが難しくなると言われています。

学生ローンは順番に申し込もう


申込ブラックになってしまうと、半年間は新規借り入れが難しくなってしまいます。学生ローンの借り入れをする際には、1社1社順番に申込をしていく必要があります。大手消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどと比べると、学生ローン審査は「あまり落ちない(緩い)」のが特徴です。

学生ローンを申し込む場合、不安になってしまうのもわかりますが、実際にはそこまで心配をする必要はありません。どうしても不安だ、という場合には、各学生ローン業者がHP上で提供している「クイック診断」や「お試し診断」などの簡易審査サービスを申し込み前に利用してみるといいでしょう。

「年収」・「他社からの借入れ状況」などの簡単な項目を入力するだけで、借入れが可能かどうかを診断することができるサービスです。「申し込み」扱いではありませんので、信用情報に登録される心配もありません。

同時に複数社の学生ローンを申し込むと、総量規制(年収の3分の1までしか借り入れできない)にひっかかってしまう可能性も高くなってしまいます。1社ずつ順に申し込むようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top