学生ローンの返済方法について

学生ローンの返済方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンの返済は、基本的には銀行振り込みで行います。毎月1回、決まった額を指定日までに振り込まなければなりません。来店での返済を受け付けてくれる業者もありますが、学生ローン専門業者の店舗は全国にはありません。業者によっては、現金書留による返済ができる場合もあります。

原則は銀行振り込み


学生ローンでは、一般のキャッシングと異なり、銀行振り込みでの返済が基本となります。学生ローン専門業者は、大手ではなく中小規模の業者が多いからです。大手消費者金融のように、各地に提携ATMがあるわけではないのです。

コンビニATMで返済できるわけでもありませんし、銀行自動引き落としによる返済もできないのが一般です(対応している業者もありますが、引き落としの手続にはある程度時間がかかります)。

銀行振り込みは、業者から指定された口座に毎月の返済額を振り込む方法です。返済日は「あらかじめ業者と話し合って決めた期日」か、「業者が一律指定している期日」となります。好きな日にちを指定できる形式が多いようです。

毎月10日、20日、15日など、自分の都合の良い日を選ぶことができるのです。ただ、土日は銀行が業務を行っていません。返済日が土日祝日の際には、その前の平日に振り込み手続を行うようにしましょう。ネットバンキングを使って振り込む際も、操作結果が反映されるのは営業日のみです。深夜に手続をしたとしても、翌朝9時まで入金されないので注意するようにしましょう。

来店や現金書留による返済も可能


業者によっては、店舗での直接返済(来店返済)を受け付けてくれる場合もあります。現金書留の方法で返済できる場合もあるようです。すべての学生ローン業者が対応しているわけではないので、必ず事前に業者サイトなどで確認するようにしましょう。

店舗に足を運んで返済したい方は、業者の店舗がどこにあるのか事前に確認しておきましょう。学生ローン業者は、全国各地に営業所を構えているわけではありません。ほとんどの場合には、東京(特に高田馬場周辺)だけに事務所を置いています。地方在住の学生は、銀行振り込みか現金書留の方法を選ばざるを得ません。

現金書留による返金の場合、郵便局で現金封筒と呼ばれる専門の封筒を購入しなければなりません。現金封筒代20円と、送料(80〜140円)、万一届かなかったときに補償のための「特殊料金」(420〜440円)を支払わなければなりません。500円ほど手数料がかかるわけです。業者に届くまで時間がかかりますので、余裕をもって送付する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top