学生ローンと総量規制の関係について

学生ローンは総量規制の対象?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンは総量規制の対象となる金融サービスです。学生ローンを提供している業者は貸金業者になりますので、年収の3分の1までしか貸付けができないという「総量規制」の対象になります。銀行のカードローンは総量規制の対象外ですが、安定収入の基準が厳しいので、学生ではなかなか審査が通らないのが実情です。

総量規制とは?


「総量規制」とは、貸金業法改正で追加された、「年収の3分の1を超える融資をしてはならない」との規制です。学生ローン専門業者や大手消費者金融は、総量規制の対象となっている「貸金業者」です。この規制は、「多重債務に陥る人を減らそう」との趣旨で設けられました。

借り過ぎを防ぐための制度なのですが、本当にお金が必要な人・収入が少ない人にとっては、非常に大きなハードルとなってしまっているのが実情です。まったく仕事をしていない専業主婦や学生の方などは、貸金業者から借入れできません。借入れる金額の3倍以上の年収がなければなりませんから、30万円借りる場合には90万円の年収が必要となります。

学生ローン業者は、基本的に50万円以下の貸付けだけをしており、書類による年収確認などを行っていません。これを逆手にとって、働いていないのに働いているとごまかす人、年収を多めに申告する人などがいるようです。ばれてしまうことはないのですが、稼ぎがなければお金を返していくこともできないので、正しい利用方法とは言えません。

銀行のカードローンは規制の対象外だが…


貸金業法の総量規制は、銀行・信用金庫などには適用されません。貸金業法上の貸金業者に含まれていないからです。収入が少ない方は、総量規制のない銀行カードローン(銀行が提供している小口の融資)を利用したいと考えるかもしれません。

しかし、銀行の審査は非常に厳しく、かなりの稼ぎがなければ「安定収入」があるとは認めてもらえません。学生の方は、銀行カードローンの利用は難しいと考えておいた方が良いでしょう。

ダメ元で何社もの銀行にローン申し込みをする人もいるようですが、好ましい方法ではありません。ローンの申し込み記録は半年間「信用情報」に残り続けてしまいます。「申し込み」の段階で情報登録されますので、審査に落ちてしまったとしても関係ありません。

何件もの申し込み情報が登録されていれば、それだけで学生ローンなどの審査に通りにくくなってしまいます(申し込みブラック)。学生の方は、最初から学生ローンの利用をした方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top