学生ローンと内定取り消しの関係について

学生ローンが原因で内定取り消しになる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンを利用していることが原因で、就職内定が取消しになってしまうことはありません。就職先が借入れ状況を知るためには、信用情報機関を利用しなければなりません。

この機関を利用できるのは、登録を受けた貸金業者だけですので、一般企業の場合、借金歴を調べることはできません。仮に就職先が貸金業者だったとしても、本人の同意を受けるなど法律上の条件を満たさなければ調べることはできません。

借金していると就職に響くというのは大嘘


「学生ローンなんか使っていると、就職活動で不利になるぞ」という噂があるようですが、これは間違いです。学生ローンを使っていても、就職内定が取り消されてしまうことはありません。借金に関する情報は大切な個人情報ですので、一般の企業は調査することができません。普通の会社の場合、確認する手段がないからです。

個人の借入れ状況は、すべて信用情報機関のデータべースに登録されています。この記録は、金融機関・消費者金融などが「与信判断(借入れ審査)」のために使うためのものです。正規に登録を受けた貸金業者以外は、開示請求をすることができないのです。

大学や本人以外の個人なども調査することができないので、ご安心ください。ちなみに、自分の情報については、信用情報機関に開示請求をして、確認を取ることができます。自分がブラックになっていないかどうかなど調査する際には、開示を請求するようにしましょう。

貸金業者に就職すると借金状況がバレる?


「貸金業者・金融機関(銀行など)に就職内定している場合は、情報を見られてしまうのか?」と思う方もいるかもしれませんが、基本的にバレません。信用情報の取得は、貸付けの与信判断でしか行えないとルールが定められているからです。さらに、本人の同意を事前に取ることも必要です。本人の同意を得ずに貸付審査以外の目的で、信用情報を取得すると違法行為となってしまうわけです。

つまり、どのような場合であっても、就職内定の調査のために信用情報が使われることはないわけです。もちろん、任意で質問に答えてしまうと(自白してしまうと)、バレてしまいますが、わざわざそのようなことを言う人はほとんどいないでしょう。

どうせ調べる手段はないのですから、正直に答える必要はないのです。個人の経済状況は、重要な個人情報ですから、勤務先にさらけ出さなければならない理由はありません。上司から部屋を見せろ、捜索させろ、と言われても断りますよね。それと同じ理屈です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top