学生ローンはバイトしてない(収入なし)でも利用できる?

学生ローンはバイトしてない(収入なし)でも利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

法律上、バイトによる安定収入がない方は、学生ローンを利用することができません。ただ、学生ローンの場合には、勤務先への在籍確認がないので、バイトをしていると偽って申し込みをする学生が多いのも実情です。収入がなければ返済することもできませんから、このような借り方は好ましくありません。

収入なしでは借りることができない


収入がない人は、学生ローンを借りることができません。消費者金融による融資には、貸金業法よる各種規制・制限が加えられています。中でも、年収の3分の1までしか貸付けをすることができないという「総量規制」は、非常に厳しい規制です。この規制があるので、法的には、バイトをしていない学生(収入がない人)は、学生ローンを利用することができません(年収0円の3分の1は0円)。

総量規制を徹底させるための制度も設けられています。50万円を超える貸付けをする際などには、貸金業者は申込者の年収を書類によって確認しなければなりません。ごく少額の貸付けの場合にまでこれを徹底すると、あまりに業者の負担が重くなってしまいます。

ですから、貸付け額50万円以下の場合には、業者に確認義務は課せられていません。学生ローンは原則50万円以下の融資しか行っていないので、基本的には年収証明書の提出を求められることはありません。

収入がないのに虚偽申告をするケースが多い


学生ローンの場合、バイトをしていないにも関わらず、働いていると嘘をついて申し込みをしている学生も多いと言われています。申告したバイト先への在籍確認が行われていないことを利用しているのです。

通常のキャッシング(大手消費者金融や銀行カードローン)の場合、申告した勤務先に在籍しているかどうかを確かめるため、必ず業者が会社に電話をします。学生ローンでは、この手続が省略されているので、働いていると嘘をついてもバレないのです。前述したように、年収証明書の提出も求められていないので、こちらのルートからバレてしまう可能性もありません。

ただし、このような借り方は好ましくありません。収入がなければ返済をすることもできないからです。仕送りがちょっと足りないから、という理由で借金をしてしまう場合、翌月以降も不足してしまうことが多いでしょう。その場合、返済が滞ってしまい、延滞となってしまいます。

遅延損害金という罰金のようなものが追加請求されてしまいますし、最悪の場合「ブラック」となってしまうこともあります。ブラックとなると、銀行などでも新規借り入れも難しくなってしまいます。何か月も返さないでいると、実家に督促状が送られてしまい、親にバレてしまう羽目にもなってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top