学生ローンのフリーター、社会人の利用について

学生ローンは学生以外(フリーター、社会人)でも利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンは、業者によっては、学生以外のフリーター・社会人であっても利用することができます。学生しか利用できない業者もありますが、広く一般の方を融資対象としている業者もあります。尚、学生ローンは大手消費者金融・銀行などと異なり、勤務先への在籍確認がない場合が多いのが特徴です。そのため、学生じゃないのにあえて学生ローンを利用する社会人もいます。

学生以外も借入れ可能な学生ローン


「学生ローン」という名称ではありますが、学生以外にも融資をしてくれる学生ローン業者もあります。社会人の場合、学生より返済能力があることが多いので、業者としてはこれを拒む理由はほとんどありません。フリーターや社会人であっても、利用することができることが多いのです。

学生ローンの申し込みの際には、学生証の提示が求められるのが一般的です。ですが、業者によっては、学生証を準備すれば割引利率で利用できる(提示しなければ若干高めの利率)というシステムとなっている場合もあります。

このようなシステムは、学生以外の利用を前提としていると言えるでしょう。学生以外を対象としているかどうかは、各業者のHPで「貸付条件」を確認すればすぐに確認することができます。

在籍確認がないというシステムを活用する社会人利用者


学生でないのに、あえて学生ローンを利用する社会人も多いと言われています。学生ローンのシステムが一般向けのキャッシングと多少異なっていて、勤務先への在籍確認が行われないからです。大手消費者金融が提供しているキャッシングサービスの場合、必ず勤務先への在籍確認が実施されます。

申告した勤務先が本当かどうか、業者が電話をして確かめるのです。この手続が嫌だ、という社会人も多いようです。学生ローン専門業者の場合、在籍確認は原則として実施していません。

会社に借金をしていることを知られないで済むのは、結構大きなメリットです。また、学生ローンの場合、一般のキャッシングサービスや銀行カードローンなどより、「安定収入」の基準が緩いと言われています。あまり収入が多くないフリーターの方などは、学生ローンの方が審査通過率が高いわけです。

ちなみに、学生のときに借りた学生ローンは、学校を卒業してからも借り続けることができます。社会人向けに貸出しをしていない業者であっても、「学生じゃなくなったから一括して返済をしろ」と求めることはありません。「学生のときに初回利用をしていれば、社会人になってからでも再利用・増額利用できる」、という条件付で社会人も利用できる業者もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top