学生ローンでのお金の借り方(借りる手続き)について

学生ローンでのお金の借り方(借りる手続き)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンでお金を借りる際には、業者のサイトからインターネット経由で申し込み手続きをするのが基本です。来店・電話による申し込みは、対応していない業者も多いです。業者サイトで申し込み→確認の連絡→必要書類送付→指定口座への振り込み、という手続の流れになっています。

インターネットでの申し込み手続き


1.申し込みフォームから申し込み

各業者のホームページに「新規お申し込み」というフォームがあります。貸付条件や利用規約・約款等をよく確認した後、必要事項を記入して申し込みます。

業者サイトには、借入ができるかどうかを簡単な項目入力だけで確認することができる「クイック診断」や「お試し審査」などのサービスが設けられていることもありますので、事前にチェックをしておくと良いでしょう。返済計画シミュレーション(月々いくら返していけば、何か月で完済できるのかを確認できる業者サイト上のサービス)もあらかじめ確認しておきましょう。

2.業者からの確認連絡(審査)

申し込みをすると、業者から折り返しで申し込み確認のための連絡が来ます。申し込み時に入力した電話番号にかかってきますので、携帯電話の番号を入力しておきましょう。業者によっては、電報を使って住所確認をする場合もあります。

この確認電話の際、利用目的やバイト状況などのヒアリングも行われます。この段階で審査のほとんどが完了します。大手消費者金融が実施しているような勤務先への電話による在籍確認は、通常行われていません。

3.必要書類の送付

学生証や銀行キャッシュカード、免許証等の身分証明書のコピーをFAXで業者に送ります。スキャナーで読み取ったデータをメール添付で送信することもできます。必要となる書類は、業者・借入額・借入れ目的などによって異なりますので、業者からの指示に従うようにしましょう。

4.指定口座に振り込み

学生ローンの融資方法は、銀行などの指定口座への振り込みが原則です。来店して直接お金を貸し出してくれる業者もありますが、あくまで例外的な対応です。

来店や電話による申し込みは?


学生ローン専門業者は、東京だけに事務所を構えていることが多いです。そのため、来店による申込受付は行っていないところも多いようです。また、申し込み時に伝える確認事項も多いので、電話による申込は一切受け付けていないという業者が多いようです。個人情報保護との関係もあるようです。インターネットのサイト経由で申し込みをするのが、あくまで原則・基本というわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top