学生ローンと他社借り入れの関係について

学生ローンは他社の借り入れがあっても申し込める?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンは、他の会社から借入れがあっても申し込むことができます。ただ、総量規制(年収の3分の1までしか借入れできない)がありますから、収入が少ない学生の借入れ可能額はどうしても制限されてしまいます。借入れ状況は、信用情報に登録されますので、ウソをついてもばれてしまいます。正直に伝えるようにしましょう。

年収の3分の1という制限に注意


複数の学生ローン業者からすでに借入れをしている場合であっても、新規申込みをすることは可能です。ただ、実際に借りられるとは限りません。「総量規制」という制限に抵触してしまう可能性が高いからです。消費者金融が貸付けを行う際には、貸金業法上の規制が課せられます。

学生ローン業者は、申込者の年収3分の1までしか貸付けを行うことができません。これを「総量規制」と言います。30万円借入れをするためには、年収が90万円なければならないのです。この3分の1という制限は、1社のみでなく、金融機関からの融資全部を合算した数字に対して適用されます(「貸金業者」に限る。銀行などは対象外)。

年収90万円の人が、他の学生ローン業者からすでに20万円を借り入れていた場合。新規申し込みの際には、最大でも10万円までしか借り入れることができません。収入が低い学生の方は、申込時に常に総量規制を意識しなければなりません。

借入れ状況はごまかせない


「他の会社から借りているお金だからバレないだろう」と、偽りの申告をしてしまう方も多いようです。しかし、ウソは必ずバレてしまいます。金融機関からの借金状況は、すべて「信用情報機関」というところのデータベース上に記録されています。

学生ローンの借入れ審査の際には、業者がこのデータをチェックしますので、他の会社からどれだけ借りているのか、ということはすぐにわかってしまいます。審査の際には、その人の「人柄」も審査項目に入っていると言われています。

「嘘をつくような人は、誠実にお金を返してくれないだろう」、このように思われてしまい、審査に落とされてしまう可能性もあるわけです。学生ローンの申し込みをする際には、他社からの借入れ状況を必ず正直に伝えるようにしましょう。

ちなみに、他社から借り入れ額は、「残高」を伝えるのが基本です。年収90万円で他社から30万円借入れをしていたとしても、すでに30万円全額返済をしているのであれば、最大30万円新規借入れをすることができます(信用情報には返済状況も記録されています)。

10万円を返済しているのであれば、20万円借入れすることができます。年収3分の1という条件は、上限枠のようなものだと考えるとわかりやすいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top