学生ローンの申し込みと給与明細について

学生ローンの申し込みに給与明細は必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンを申し込む際には、原則として給与明細は不要です。学生ローンは基本的に50万円以内の融資のみを対象としているため、貸金業法による規制(利用者の年収を確認しなければならない)の対象外となるからです。

ただ、50万円を超える額の借入れを希望する場合には、給与明細・源泉徴収票など収入を証明する書類の提出が求められます。年収の3分の1までしか借入れすることができないという規制もあるため、学生の場合50万円を超える借入れは難しいかもしれません。

給与明細は原則不要


学生ローンの申し込み・審査では、原則として収入証明書の提出は求められません。貸金業法では、「50万円を超える貸し付けを行う際には、申込者の収入を書類によって確認しなければならない」、と定められています。

しかし、学生ローンでは、原則として50万円を融資の上限額としています。50万円以下の貸付けの場合、貸金業法による規制の対象外となりますので、業者は年収証明書の提出を求めなくてもよいわけです。

大手消費者金融の場合には、50万円以下の融資であっても、念のため収入証明書の提出を求めるケースがあるようです。「貸倒れ」になってしまうのを防ぐためだと言われています。

収入があまり多くない人をターゲットにしている学生ローン業者は、できるだけ「簡単」・「迅速」な貸付けをしたいと思っていますので、書類の提出は求めません。50万円を基本的な上限として設定して、提出書類・手続を簡略化することにより、学生であっても気軽に利用できるようなサービスとしているわけです。

普通の学生は50万円を超える借入れは難しい


学生ローンであっても、条件を満たせば50万円を超える融資を受けることができます。しかし、以下のような理由で、一般の学生では50万円を超える借入れをするのは難しいと言われています。

収入証明書を準備しなければならない

貸金業法の規定が適用されますので、給与明細や源泉徴収票など「収入を証明する書類」を提出しなければなりません。本当に働いていれば簡単に入手できる書類ではあります。中には年収にウソをついてごまかす人もいるようですが、書類が必要になると嘘はつけません。

年収の3分の1までという制限

貸金業法の「総量規制」という制度も忘れてはなりません。「年収の3分の1までしか貸し付けることができない」、という規制制度です。50万円を超える融資を受けるためには、年収が150万円より多くなければなりません。

審査が厳しくなる

また、借入れ額が増えると、貸し付けたお金が返ってこなくなるリスクも高くなります。「安定収入」についての審査基準も、50万円以下の融資の場合よりも厳しくなる傾向にあると言われています。

通常審査とは異なった審査を受けなければならないのです。通常のキャッシングと同じように、バイトへの在籍確認を行う場合もあり得るでしょう(50万円以下の学生ローン借入れの場合、バイト先への在籍確認は行われません)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top