学生ローンは来店不要で全国から申し込みが可能

学生ローンは来店不要で全国から申し込みができる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生ローンは、来店することなく全国どこからでも申し込みをすることができます。インターネットで申し込みをして、必要書類をFAX・メール貼付で送信すれば、指定口座にお金を振り込んでもらうことができます。

むしろ「地方の学生が来店して申し込むのは難しい」と説明した方が正確かもしれません。そもそも学生ローン専門業者の多くは東京にのみ事務所を構えているので、地方の学生は店舗に足を運ぶことができないのです。

来店なしで申し込み・借入れをする


来店なしで申込・借入れをしたい場合には、業者のインターネットサイト申込フォームから申し込みをするのがよいでしょう。電話での受け付けは行っていない業者の方が多いようです。インターネットからの申し込みですから、全国どこからであっても、いつでも申し込みをすることができます。

申し込みから振り込みまでの簡単な流れは、以下のようになっています。インターネット申し込みなら、在宅のまま振り込みまでの手続きを完了することも可能です。

(1)申込フォームに必要事項(氏名、住所、電話番号や実家・学校・バイト先の情報など)を記入し申し込みボタンを押します。
(2)その後、業者の側から折り返し確認・審査のための電話が入ります(電話審査)。申し込みフォームで電話の時間を指定しておくこともできますし、お客の側から業者に電話をかけることも可能です。
(3)電話審査の後は、学生証と身分証明書をFAX・メールなどで業者に送ります。
(4)審査に通ると、指定しておいた口座にお金が振り込まれます。

学生ローン業者は東京に集中している


「インターネットなら全国どこからでも来店なしで申し込みできる」と説明してきました。しかし、そもそも地方の場合には、来店して直接申し込みをすることができません。学生ローンを専業にしている業者の多くは、東京だけに事務所を設けているからです。

特に、「学生ローン発祥の地」といわれている、学生の街「高田馬場」に事務所・店舗が集中しています。早稲田大学などがあることでも有名な学生街だからこそ、学生にやさしい学生のための金融サービスが生まれてきたのかもしれません。

来店申込にも対応している業者はあるのですが、肝心の店舗が東京だけにしかないのであれば、地方学生は来店することができません。来店してから直接返済をするという方法もあるのですが、同様の事情で地方学生には厳しいと言わざるを得ません。

学生ローンの貸付け・返済が銀行振り込みによって行われているのは、店舗が東京に一極集中しているからです(提携ATMがない、という事情もあります)。かつては地方の学生は利用するのが難しかった学生ローン。インターネットの普及によって、全国のどこからであっても気軽に利用することができるようになったわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top